ジェンガ、おもしろすぎ!

昨日の東京マラソン、一大イベントでしたねぇ、私もチャンスがあれば是非チャレンジしてみたいと思いました
優勝したのは在日ケニア人のダニエル・ジェンガ
15年も日本にいて、所属先のヤクルトの監督曰く
「日本人より日本人の魂を持っている」
流暢な日本語、驚きました
最後に笑わせてくれたのが彼が一番困る質問は
「ケニアの事を聞かれるのが一番困る・・」
15年も離れてるから現在の祖国がわからないんでしょう

さて、今日は私が連日夜な夜なジョギングで走り、週末はロードバイクで登る激坂
通称”うなり坂”をご紹介しようと思います
何度かこのブログでも出てきましたが、自宅へ通じる最後で最強な激坂、約1.7kmです
”うなり坂”の由来は仙台城から運ぶ荷物を牛や馬で引っ張っていたのですがさすがの牛馬もあまりの勾配にうなりをあげるのでついた名です
まずは坂の入り口
e0108719_22374055.jpg

なんと狭い道でしょう、入り口では車がすれ違う事もできません
従って下手くそなドライバーがいると車が上から降りてくるのと入ろうとする車が詰ってしまいます 
朝の通勤時などは一通ではないが自然一通になり、下から入る事は不可能に近いのです
で、下から入ると
e0108719_2363647.jpg

ジャ~ン!いきなりこの勾配です
おそらく16~18%はあると思われます、車はローでなければ登れないし原チャリはフルスロットルなのでうるさいわ臭いわです
ここからは自転車から足をついたら再スタートをきるのは至難の業(自転車を押すしかない)な状態が続きます
で、この先が
e0108719_22522247.jpg

先程よりは少し勾配が緩やかになってます、それでも12~13%の勾配です
で、駅を越え最後の坂がこちら
e0108719_22542030.jpg

最後でとどめを刺す勾配です、おそらく最大で15%程度だと思われます
これらの坂を登りきったとこに我が家があります

夜な夜な走る約1時間のジョギングや、週末の自転車でゴール間近の疲れた体へ鞭をビシバシッ入れる激坂です
昨日の東京マラソンも最後の佃大橋は一般ランナーにはそうとう効いただろうなぁ
来年もやるなら絶対エントリーするぞ~!
[PR]
by fjm60 | 2007-02-19 23:02